『長いも』の知られざる秘密 末期癌をも治す驚異の事実

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

この記事では、

神奈川県 黒岩祐治知事の父親の末期ガンが、

長いも(山芋)で完治したという、

本人のインタビューの動画を紹介しています。

現在日本人の2人に1人は、

何らかの癌にかかると言われているそうです。

がんは、

誰にでもなる可能性のある、

すべての人にとって身近な病気といえますね。

もし病院で自分や、

大切な人が末期がんと診断され、

余命宣告されてしまったら、、、。

この動画は、

その末期ガンの最新治療とかではない、

食によって治療を目指そうといった、

ヒントというか、

答えみたいなものが隠されているのではないでしょうか?

ガンが心配な方、

もしくは困っている方、

一見の価値があるのではないでしょうか?

15兆円のガン利権涙目!!余命2か月の末期肝臓ガン,長さ12㎝,主要マーカー5200という異常な数値にもかかわらず,ヤマイモで完治・生還した事例(主要マーカーが5200から正常値40未満の僅か20に!)有胃気,即生-『胃に気があれば,すなわち生きられる』あと,再起不能の糖尿病を,ヤマイモで克服して,仕事に完全復帰したという方も実際にいらっしゃいます。 ※他の同様のガン治療の問題点の動画もそうですが,この動も,やはり3.5%ルール?に従って『悪いね』ポタンが押されています。いったいどこのどいつの差し金でしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする