今日の動物を扱った報道まとめ(2021年6月12日)

プレーリードッグの赤ちゃん20頭生まれる 栃木・那須の動物園

栃木県那須町の動物園で、プレーリードッグの赤ちゃん20頭が生まれました。

 「かわいいね」(来園客)
 「あそこにも!」(来園客)
 「どこどこ?かわいい!」(来園客)

 顔を出しているのはプレーリードッグの赤ちゃんです。警戒しているのでしょうか、何度も出たり入ったりします。

 栃木県の「那須どうぶつ王国」では、生まれたばかりのオグロプレーリードッグの赤ちゃんを一目見ようと多くの来園客が連日訪れています。園によりますと、先月下旬に赤ちゃん2頭が確認されたことを皮切りに、今月9日までにあわせて20頭の赤ちゃんが確認されたということです。

 プレーリードッグは土の中の巣穴で生活しているため、誕生の正確な日時は分かりませんが、生後2か月ほどとみられています。那須どうぶつ王国は「成長が早いので、来月ごろまでが“見ごろ”」と話しています。

長野でオオカミ犬が逃走 “居場所”包囲し捕獲作戦

長野県富士見町でオオカミと犬を掛け合わせたオオカミ犬2頭が逃げ出しました。警察はいるとみられる場所の周囲を囲んで捕獲作業を進めています。  11日午後6時40分ごろ、富士見町で「犬が歩いている」と警察に通報がありました。  警察によりますと、近くでブリーダーを営む男性の家から雌のオオカミ犬2頭が逃げ出したということです。  いずれも体長約1メートルで人が近付くと逃げるなど警戒心が強く、臆病な性格だということです。  近所の人:「怖い。早く捕まってほしいです」  警察は周囲を囲むなどして捕獲を進めるとともに、逃げた経緯を調べています。

【まさか】“諦めモード”でグッタリ? 電線に絡まり宙づりのクマ アメリカ

アメリカ・アリゾナ州で、電柱から下りられなくなったクマが見つかりました。

“目が合った瞬間” 野生のサルが人や車襲う…4人がケガも 大分・日田

大分県日田市、軽トラックの中から撮影されたのは野生のサル。すると次の瞬間…車に向かってきます。さらに反対側に移動し、車に向かってジャンプ。最初にいた場所に戻っていきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする