「高齢者施設の交流のきっかけにも!折り紙『つくし』がもたらす効果とは?」 Origami horsetail

折り紙

折り紙で作った「つくし」は、高齢者施設において様々な使い道があります。

まず一つ目は、高齢者の手作り体験や余暇活動に活用することです。折り紙を使った手作りは、創造性を刺激し、認知機能の維持や向上にもつながります。また、手先の動きを促進することで手の筋力を維持する効果も期待できます。

二つ目は、施設内の装飾品として活用することです。つくしは、季節感を表現するのに適した折り紙の作品です。施設内の季節感を演出するために、壁面やテーブルの装飾などに利用することができます。

三つ目は、利用者やスタッフのコミュニケーションのきっかけにすることです。手作りのつくしを通じて、利用者同士やスタッフとの交流の場を提供することができます。また、手作りのつくしを贈り物として利用者同士や利用者とスタッフとの間で交換することで、コミュニケーションの機会を増やすことができます。

以上のように、折り紙で作った「つくし」は、高齢者施設において様々な使い道があります。施設内での利用によって、利用者の生活に潤いや楽しみを与えることができます。

折り紙のつくしの折り方動画です。Origami horsetail(創作春折り紙作品)
1枚で折りました。折り図では、伝わらないプロの技お楽しみください。さまざまな折り方折り図はおりがみ畑の折り紙教室で簡単な折り紙の折り方から難しい折り紙の作り方を公開しています。http://origami.gjgd.net/ 創作者山田勝久(Katsuhisa Yamada)
動画は、一時停止や巻き戻し、じっくり折り進めて下さい。

創作折り紙も、折り図も著作権法上著作物で、著作の創作と共に発生した翻案権は放棄していませんので、著作権法の範囲で翻案権の侵害に当たらない常識ある対応を望みます。
著作権の無い伝承作品でも、折り方自体でもない、創作折り紙を無断で動画として紹介するアイデアは、作者の了承を得ない限りは、翻案権を侵害する違法行為です。

コメント