お手玉を使ったレクリエーション 山崩しゲームで楽しもう!

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

ここでは、介護の現場で使える、

お手玉を使った、レクをご紹介します。

用意するもの

  • お手玉(20個くらい)

楽しみ方

お手玉で山を作って、真ん中に1本棒を立てます。

1つずつお手玉をとっていき、棒を倒した方が負けです。

詳しくは、動画をご覧ください。

子供のころ、砂場でやりませんでしたか?

砂で山作って、棒さして、周りから上手に削ってって、

ちょっと懐かしさを感じますね。

基本2人対戦です。

3人までなら回せるかなって感じで、少人数規模向きの、

レクリエーションになります。

私の働いている所は、グループホームなので、

取り入れてみようと思います。

トーナメント形式でやっていけば、時間つぶせますね。

やってみた

うちのグルホでもやってみました。

ちょうど旗の付いた棒が、たくさんありました。

(そんなにたくさん何に使っていたのかは、不明です)

あまり大きな山を作っても、棒関係なく、スッスーと取れるだけなので

あまり意味がありません。

お手玉の残りが少なくなると、とたんに棒が傾きだします。

完全に倒れたらの、ルールでやりました。

結構盛り上がりました。

ぜひあなたの現場でも試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする