レクリエーションで壁面飾りや工作で七夕の織姫と彦星の作り方まとめ

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

7月の壁面飾りの担当になって、どのようなものを作ろうかと、

困っていませんか?

7月といえば七夕ですよね。

レクで皆さんに壁面飾りを一緒に作って、

手伝ってもらうのも手ですね。

壁面飾りじゃなくても、ただ皆さんで作るだけでも、

いいレクになりますよね。

今回は、七夕といえば『織姫』と『彦星』という事で、

色々な、織姫と彦星の作り方を集めてみました。

詳しくは動画をご覧ください。

①『クオリティ高めの織姫と彦星』

折り紙で作る、織姫と彦星の作り方です。 体用の両面折り紙がない場合は、片面折り紙2枚を重ねて作ることもできます。 字幕解説付きでもご覧になれます。 作者:Ako This video explains how to make Orihime and Hikoboshi made from origami. I appreciate your comment and feedback. Author: Ako In Japan, there exists an seasonal event called “Tanabata” on July 7th which is based on the legend of Ori-Hime and Hiko-Boshi. There are various festivals and events all over Japan during the season. It is said that if you write a wish on a paper and put it on bamboo grass on the day of Tanabata, it will come true so you can see bamboo grass with papers all over Japan.

徳用おりがみ 15×15cm 300枚×5

 

用意するもの

織姫

  • 黒の折り紙(頭部分)
  • 表裏が橙とピンクの折り紙(体部分)
  • 肌色の折り紙(顔部分)
  • 黄色の折り紙(星)
  • ピンクの折り紙(羽衣)

彦星

  • 黒の折り紙(頭部分)
  • 肌色の折り紙(顔部分)
  • 水色の折り紙(かぶり物)
  • 表と裏が青と水色の折り紙(体部分)

あと、ハサミと両面テープをご用意ください。

②『割と簡単にできる織姫と彦星』

折り紙で七夕(たなばた)の飾りにピッタリな織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)の作り方を字幕付きでできるだけわかりやすく説明していきます。 とても可愛いので、是非作ってみて下さい。 【創作折り紙】~How to 遊オリジナル~

徳用おりがみ 15×15cm 300枚×5

 

織姫

  • 顔のパーツ(7.5㎝×7.5㎝)
  • 体のパーツ(7.5㎝×7.5㎝)
  • 黄色の折り紙(星)

彦星

  • 顔のパーツ(7.5㎝×7.5㎝)
  • 体のパーツ(7.5㎝×7.5㎝)
  • 黄色の折り紙(星)

あと、のりとペンを用意してください。

③『短冊形の織姫と彦星』

七夕の折り紙です。織姫と彦星の短冊のつくりかたです。 簡単に作れます。

徳用おりがみ 15×15cm 300枚×5

 

用意するもの

  • 顔・頭部分の、半分に切った折り紙2枚
  • 帽子と髪飾りの、半分に切ったピンクと青の折り紙
  • 短冊部分の、半分に切ったピンクと青の折り紙
  • テープ
  • ペン
  • 願い事

④『簡単にできる織姫と彦星』

七夕(たなばた)に織姫と彦星の折り紙を折って遊びましょう。短冊や吹き流しと一緒に笹の葉に吊るしたり、たなばたさまの歌を歌いながらごっご遊びをしたり・・・七夕が日本の伝統文化・折り紙に親しむきっかけになるといいですね。

徳用おりがみ 15×15cm 300枚×5

 

「もっと簡単にできないのか」という方向けの、

簡単にできる織姫と彦星です。

用意するもの

  • 黒の半分に切った折り紙(顔、頭部分)
  • ピンクと青の折り紙(体部分)
  • 黄色の折り紙(星)
  • のり

以上です。

ぜひ参考にしてください。

ぜひあなたの現場でも試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする