【4月12日誕生花「杏子(アンズ)」】花言葉 育て方 あんずジャム(アプリコットジャム)の作り方・レシピ How to make apricot jam|Coris cooking

4月の誕生花を工作する

4月12日の誕生花「杏子(アンズ)」

小粒の黄桃といった感じで、

形は桃とよく似ている「杏子(アンズ)」

 

大きさは品種にもよりますが、

梅程の物からスモモくらいで、

果皮の表面は産毛は無くネクタリンのようで、

果皮の色は黄色から橙で日光に当たっていたところが赤みを帯びています。

 

アンズの原産地は中国北部、

中央アジア、ヒマラヤ西北部といわれています。

 

中国では2000年も前(一説には4000年以上前)から種の中にある杏仁を収穫するために栽培されていたようで、

取り出された杏仁は、そのまま食べるのではなく主に漢方薬として利用されていました。

 

あんずの旬は、6月中旬から7月下旬までの約1ヶ月ほど。

 

実が雨に濡れると水分を吸って割れやすくなってしまう為、

農家の方は天候と“にらめっこ”をしながら収穫の時期を見極めているそうです。

 

アンズ(杏子)の花言葉は「乙女のはにかみ」「臆病な愛」

 

杏子を使ったレシピ

あんずジャム(アプリコットジャム)の作り方・レシピ How to make apricot jam|Coris cooking

Coris Cooking Channel(こりすクッキングチャンネル)へようこそ☆
今回はあんずジャムの作り方・レシピをご紹介します。
傷のついたお買い得なあんずを贅沢に使います。
長野産の比較的大きな完熟のあんず☆
とっても香りが良くて甘くジューシーです☆
あんずの旬はあっという間なので、旬の時期にまとめて多めに作って冷凍保存をして様々なお菓子作りに使います(#^^#)

【あんずのシロップ漬け】保存方法もご紹介⏰出来上がりまで4~5時間

今回は、あんずのシロップ漬けと瓶詰めにする保存方法を、ご紹介します。
あんずは、甘酸っぱい味の初夏の果物。
収穫時期が限られるので、シロップ漬けにして保存し、年中楽しめるように加工しておきます。
お茶請けに喜ばれるので、作っておくと突然の来客にも対応できますよ。
作ったら、瓶詰めにして保存しておきましょう。

【ながの旬チャンネル】あんず栽培 塚本 勇さん – 長野市農業公社

松代町東条の塚本勇さん(36)はあんずを栽培しています。
「今年は良いあんずができました。私は平成22年に就農しました。それまでは県外で働いていましたが親の病気がきっかけでした。また、大型農業機械の操作が魅力でした。1年目は心配事ばかりでしたが、農協青年部のなかで相談ができたことが大きな力となりました。」

コメント