高齢者用 椅子に座って簡単体操・運動でレクリエーション

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

日々の運動の積み重ねで機能維持・向上

日本は世界一の長寿国。

80を超えても元気な高齢者も珍しくありません。

しかし、その一方で、要介護・寝たきりの高齢者も増えています。

高齢者の筋力や、認知機能の低下を防いでいかなければいけません。

なので体操や、トレーニングの必要性があります。

そもそも筋力が低下すると何が不自由するのか? 

それは日常生活の基本的活動が難しくなってきます。

例)寝返る、座る、立つ、歩く、階段の上り下り

これらの機能が少しずつ低下して、

最後には寝たきりとなってしまいます。

そうならないように、日ごろから、

頭と体をたくさん働かせましょう。

今回は、椅子に座った状態で行える、

歌を歌いながら、楽しく体操をご紹介します。

詳しくは動画をご覧ください。

●シニアのための体操のお兄さん。 介護界の「カイドル」「介護王子」こと【ごぼう先生】のメジャー初のDVD! 毎日たった10分だけ、イスに座りながら簡単に楽しく体操が行える、ごぼう先生のイス体操。 月曜日から日曜日まで、お好きな体操を選んで行えます。毎日行っても1週間体操のネタに困りません! ●手・足・指・体全身を使うことで、健康維持や「衰え」予防に効果的。シニアの皆さんが集まるコミュニティで、デイサービスで、またご自宅でご家族様と行えます! ●はつらつ50・60代も、介護予防の70・80代も、どの世代もいきいきと若々しい健康生活を送りたい方に必見!爽やかなごぼう先生の笑顔に元気をもらえる!イス体操です。 ■特設サイト http://www.kingrecords.co.jp/gobou/

童謡『あんたがたどこさ』のリズムに乗って、

足踏みをしながら、「さ」のところで、

タイミングを合わせて、手を一回たたきます。

♪♪♪

あんたがたどこ「」 ひご「

ひごどこ「」 くまもと「

くまもとどこ「」 せんば「

せんばやまには たぬきがおって「

それをりょうしが てっぽうでうって「

にて「」 やいて「」 くって「

それをこのはで ちょいとかぶせ

              ♪♪♪

①最初は、全部で11の回の「さ」でタイミングよく手をたたきます。

それに慣れたら、レベルアップ

②「さ」のタイミングで手をたたいた後、さらにその後に手を上にあげます。

①は簡単にできると思いますが、

②は高齢者だと、慣れるのに時間かかるかもですね。

以上です。

ぜひあなたの現場でも試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする