今日の動物を扱った報道まとめ 「忍者猫」「寝ようと四苦八苦猫」「チータの赤ちゃん初めての瞬間」他(2021年6月16日)

ゴゴォオ~と素早く走る“忍者ネコ”現る!?

 8歳の雄、ネコのポン酢君は実は忍者かもしれません。

 その証拠が・・・。

 一瞬にしてサッカーボールに化けることができます。

 しかも、忍者の証しはそれだけではありません。

 屋根の上を移動する様子では・・・。

 動きが素早いためか、通った後に砂ぼこりが舞っているように見えます。

 ただ、実際は壁が汚れていただけとの指摘もあります。

 さらに、忍の者らしく夜の暗躍には目を見張るものがあります。

 トイレのドアの前に隠れるポン酢君。

 そして、用を足して出てきたおばあさんを驚かすのです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

いやムリだから・・・ボールで寝ようとネコ“四苦八苦”

一見何が起きているのか分からない光景ですが、猫の「むた」さんが料理用のボウルに入ろうと頑張っている様子です。  「いけ・・・いや無理でしょ」というツッコミコメントとともに投稿された動画は56万回以上再生され、話題になっています。  投稿者さんによりますと、むたさんがいつも寝ている台の上にボウルを置き忘れたら、こんなことになったとのこと。この中で寝たかったのではないかといいます。  納得のいかない様子のむたさんですが、その後、諦めてボウルから出ていったということです。

動物の赤ちゃん“初めての瞬間”

生まれたての動物の赤ちゃん。「初めて」の様子、ご覧ください。

“逃走”でお騒がせ…あの警察犬がお手柄! 認知症の78歳男性を見つけ出す 兵庫・神戸

犬は右利きが多い!イギリスの研究チームが調査。ちなみに猫は??【マスクにゃんニュース】

イギリスの研究チームが、多くのイヌが人間と同じようにいわゆる右利きであるとの調査結果を発表した。   リンカーン大学の研究チームは、約1万8000匹のイヌがおやつを取る時にどの脚を使うかを分析した。   その結果、前脚を使うイヌの8割近くが右を使っていた。   英リンカーン大学のエリサ・フラスネリ博士によると、「脊椎(せきつい)動物は左脳が右半身を制御する。餌(えさ)を食べるなど日常的動作の指示は左脳の担当なので、右前脚を使っていると考えるのが妥当」 だという。 右利きの割合は雌の方が若干高いものの、雄は高齢になるほど割合が高くなっていて、どの脚を使えば効率的なのかを学習している可能性があるとしている。 ネコの場合はどうなのか?2018年のクイーンズ大学の研究についても紹介する。 マスクにゃんと気になるニュースを見てみるにゃん!

エサ求め移動?京都・鴨川の上流に「シカ」出没

餌(えさ)を求めて上流へ移動しているのかもしれません。  16日午後1時ごろ、京都市左京区の高野川で野生のシカ8頭が群れでいる様子が確認されました。  この付近ではシカの出没は珍しくないということですが、9日には京都市中心部の鴨川沿いでも子ジカ1頭が確認されています。  京都市動物園の担当者は「山間部から下りてきたシカが、餌となる草が豊富で身を隠しやすい川沿いを移動しているのでは」と話しています。

シャチの襲撃に慌てたアシカの大群が漁船に押し寄せピンチ

南米チリ沖で、シャチの群れに襲われたアシカの大群の行動が漁師たちに思いがけないピンチをもたらしました。  チリの沖合いに現れたシャチの群れ、アシカたちを襲い始めます。パニックに陥った数十頭のアシカが向かった先は、網漁を行っていた漁船でした。シャチから逃げようと、アシカたちは必死に漁船に乗り込もうとします。しかし、漁船は収穫した大量のイワシですでに重量オーバー気味。漁師たちは船もろともに沈むのではないかと、思いがけないピンチに焦ったといいます。  アシカの群れを引き連れ近くの島に逃がそうとしましたが、シャチに阻まれたため進路を港へ変更。するとシャチはテリトリーを外れたのか離れていき、残ったアシカの群れは泳いで去って行ったということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする