【3月13日誕生花を工作「蒲公英(タンポポ)」「アネモネ」「アルストロメリア」「イカリソウ」】花言葉 育て方 折り紙 たんぽぽの葉、茎、ガクの折り方(niceno1)Origami Dandelion leaves stem Sepals tutorial

3月の誕生花を工作する

もくじ

3月13日の誕生花

3月13日の誕生花は、

「蒲公英(タンポポ)」「アネモネ」「アルストロメリア」「イカリソウ」です。

 

誕生日や記念日など、

工作して贈り物にしてみてはいかがでしょうか?

 

  1. 3月13日の誕生花「蒲公英(タンポポ)」
  2. 3月13日の誕生花「アネモネ」
  3. 3月13日の誕生花「アルストロメリア」
  4. 3月13日の誕生花「イカリソウ」
  5. 折り紙 たんぽぽの葉、茎、ガクの折り方(niceno1)Origami Dandelion leaves stem Sepals tutorial
  6. 折り紙 たんぽぽの花 リースの折り方 Origami Flower Dandelion Wreath tutorial(niceno1)
  7. 折り紙 たんぽぽの花 リースの簡単な折り方(niceno1)Origami Flower Dandelion Wreath tutorial
  8. 折り紙 たんぽぽの花 ポップアップカードの簡単な作り方(niceno1)Origami Dandelion flower Pop up card tutorial
  9. 【解説】春の絵手紙🐞『タンポポとてんとう虫』2月・3月・4月 初心者向け簡単でリアルな花の描き方解説
  10. タンポポ①水耕栽培で種から育ててみよう!大切なのはまごころ。
  11. 紙で作るアネモネの花の作り方 – DIY How to Make Paper Anemone Flowers
  12. 折り紙1枚で折るアネモネの折り方 -anemone origami-
  13. 造花リースの作り方。アネモネ&ラベンダーの壁掛けアレンジ。ウェディング、リースブーケにもおすすめ。初夏の花のナチュラルアレンジ。
  14. 100均DIY造花  アネモネとバラのリースの作り方 Flower arrangement of the artificial flower
  15. アネモネの育て方 植え付けから開花まで
  16. 【コピー用紙】アルストロメリア [Paper Flower] Alstromeria (Peruvian lily)
  17. アルストロメリアの育て方(別名:ユリズイセン)カインズ花図鑑
  18. 【透明水彩画】アルストロメリアの小さな絵

3月13日の誕生花「蒲公英(タンポポ)」

直立した花茎の先に小さな花が円盤状に集まって咲き、

1つの花のように見える「蒲公英(タンポポ)」

 

これは、キク科植物の花の特徴。

 

小花は舌状花といわれる形体をした両性の花で、

朝に開き夕方になると閉じている。

 

花茎は開花が終了すると匍匐(ホフク)し、

果実を散布する直前になると再び直立する。

 

多くはユーラシア大陸に自然分布する。

中国植物名は、蒲公英(ほこうえい)。

 

タンポポ(蒲公英)の花言葉は、

『愛の信託』『誠実』『幸せ』『別離』

ヨーロッパでは、昔からたんぽぽの綿毛が恋占いに使われてきたことに由来しています。

 

一息で綿毛を吹き切れれば恋心が叶うとされることから、

『幸せ』という花言葉が生まれました。

 

一方、もの寂しげな『別離』という花言葉は、

綿毛が風に乗って運ばれる姿にちなんでいます。

 

3月13日の誕生花「アネモネ」

分枝性の塊茎をもつ「アネモネ」。

 

昨日3月12日の誕生花でもあり、

二日連続になります。

 

草丈25~40cmになるキンポウゲ科の多年草で、

直立して直径10cm前後の花を咲かせます。 

 

アネモネの花びらに見える部分は「がく片」です。

 

和名はボタンイチゲ(牡丹一華)やハナイチゲ(花一華)といいます。

 

ヨーロッパ南部から地中海沿岸を原産とする球根性の多年草。

十字軍の遠征などによって、

世界中に広がっていったとされています。

 

アネモネ属の総称として使われることもありますが、

主にアネモネ・コロナリアや、

アネモネ・フルゲンスとこの2種を元に作られた園芸品種を指すことが園芸では多いです。

 

秋に植えたアネモネの球根は2月頃から咲きはじめ、

5月までの間楽しむことができます。

 

最盛期を迎える3~4月が見頃となっていますよ。

 

1つの球根からたくさんの花が咲くので、

冬から春のガーデニングに欠かせない存在となっています。

 

ピンクのアネモネには「待ち望む」という花言葉がつけられています。

一般的にピンクの花にはポジティブな意味の花言葉が多いのですが、

アネモネの場合は少し悲しい花言葉です。

 

これはアネモネの名前の由来にもつながっていて、

「待ち望む」という希望と不安の混ざった恋心を表しているかのようです。

 

3月13日の誕生花「アルストロメリア」

花の形はユリとよく似ている「アルストロメリア」

 

花の色は赤やピンク、オレンジ、黄色、白など、種類が豊富で、

切り花にしても長持ちする傾向があります。

 

また、1本の茎に複数の花をつけるスプレー咲きという咲き方をするため、

見た目にもボリュームがあります。

このため、アレンジメントやブーケに使われることも多いです。

 

南アメリカ原産で約50種が知られていて、

いずれもアンデス山脈の寒冷地に自生しています。

 

アルストロメリアの花が咲く時期は主に5〜7月ですが、

切り花としての需要が高く、

品種改良も進んだことで、

春と秋を中心に周年出回っています。

 

アルストロメリアの花言葉は「持続」「エキゾチック」

 

3月13日の誕生花「イカリソウ」

変わった形の花だけでなく葉にも独特な美しさがある「イカリソウ」。

 

草丈は30~50㎝ほどで、細い茎が株立ちになります。

 

寒さ、暑さにも強く育てやすい山野草の仲間です。

 

「イカリソウ(錨草)」は日本では観賞用の品種が多く、

各地で落葉広葉樹などの下に自生している品種もあります。

 

イカリソウの花言葉は

「あなたを捕らえる」「あなたをつかまえる」「人生の出発」「君を離さない」「旅立ち」

 

蒲公英(タンポポ)を折り紙などで工作する

折り紙 たんぽぽの葉、茎、ガクの折り方(niceno1)Origami Dandelion leaves stem Sepals tutorial

折り紙(切り紙) たんぽぽの葉、茎、ガクの折り方、作り方を紹介します。
たんぽぽは、春の花の飾りに使えます。

■たんぽぽのガク 折り紙 Origami Dandelion Sepals
3.75cmX3.75cm

■たんぽぽの葉 折り紙 Origami Dandelion leaves
7.5cmX7.5cm 2枚

■たんぽぽの茎 折り紙 Origami Dandelion stem
15cmX7.5cm

▼折り紙 たんぽぽの花 作り方2(niceno1)
Origami Flower Dandelion tutorial
https://youtu.be/vM7FQrCpoLg

This video shows an instruction on how to fold an origami Dandelion leaves stem Sepals.

Thank you for watching!

Designed by niceno1

▼niceno1折り紙サイト
折り紙の簡単な折り方
http://origami1.net/

折り紙 たんぽぽの花 リースの折り方 Origami Flower Dandelion Wreath tutorial(niceno1)

折り紙 たんぽぽの花のリースの折り方、作り方を紹介します。
折り紙 たんぽぽの花のリースは、春の花の飾りに使ってくださいね。

いつも動画を見てくださってありがとうございます。
いいね!そして、チャンネル登録ありがとうございます。

折り紙 Origami

■たんぽぽの花 Flower Dandelion

大 big 7.5cm X7.5cm 8枚

小 small 5cmX5cm 8枚

▼折り紙 たんぽぽの花と綿毛 折り方
Origami Flower Dandelion tutorial(niceno1)
https://youtu.be/ItWlkwutKHc

■たんぽぽの茎 stem

大 big 7.5cm X1.875cm 8枚

小 small 5cmX1.25cm 8枚

■折り紙 リースWreath

大 big 15cm X 15cm 8枚

小 small 10cmX10cm 8枚

折り紙 たんぽぽの花 リースの簡単な折り方(niceno1)Origami Flower Dandelion Wreath tutorial

折り紙 たんぽぽの花のリースの簡単な折り方、作り方を紹介します。
折り紙 たんぽぽの花のリースは、春の花の飾りにも使えます。

■たんぽぽの花
折り紙 又はカラーコピー用紙
7.5cmX7.5cm 24枚(花は6個作ります。一つの花に4枚使います。)

折り紙 たんぽぽの花 ポップアップカードの簡単な作り方(niceno1)Origami Dandelion flower Pop up card tutorial

折り紙のたんぽぽの花 ポップアップカードの簡単な折り方、作り方を紹介します。
花びらの切り方を変えるだけで、他の花のポップアップカードも作れます。

■たんぽぽの花
折り紙 又はカラーコピー用紙
7.5cmX7.5cm 9枚

■たんぽぽの葉
7.5cmX7.5cm 4枚

■カード
コピー用紙1/2 又は画用紙など

【解説】春の絵手紙🐞『タンポポとてんとう虫』2月・3月・4月 初心者向け簡単でリアルな花の描き方解説

道端によく咲いているタンポポを描いてみました!おまけでてんとう虫も🐞

快適アートのオリジナルデザインですので、お好きに使って楽しく絵手紙を描いてみてくださいね!🎨

タンポポ①水耕栽培で種から育ててみよう!大切なのはまごころ。

こんにちは
いつもぷいんぷいんチャンネルをご視聴いただきありがとうございます

タンポポを種から育てようと思い種を購入してみました
初めてのタンポポ栽培なのでどうなるのか自分でもわかりませんがチャレンジしてみることにしました

●必要なもの
・ペットボトル ・水切りネット
・バーミキュライト ・種
・液体肥料(今回の動画ではまだ未使用)
・ハサミ ・霧吹き ・まごころ

アネモネを折り紙などで工作する

紙で作るアネモネの花の作り方 – DIY How to Make Paper Anemone Flowers

アネモネのペーパーフラワーの作り方です😊

本物そっくりな鮮やかな色合いで花を作るのも楽しいですが、実際にはないような優しい色合いでアネモネの花を作ってみるのもオススメです。

折り紙1枚で折るアネモネの折り方 -anemone origami-

季節の折り紙編ですね。今回は3月に咲くアネモネを折り紙1枚で折って行きます。
毎日おりがみでは折り紙の折り方はもちろん折り紙の基本的な折り方を公開しています。
これから折り紙に挑戦しようと考えている方に是非見て頂ければっともいます。

造花リースの作り方。アネモネ&ラベンダーの壁掛けアレンジ。ウェディング、リースブーケにもおすすめ。初夏の花のナチュラルアレンジ。

【今回の作品について】
初夏の花、涼しげな色合いで、リースを作ってみました。
リースベースは100均活用。デザインに合わせてサイズ、形の調整をしています。

お花はカットしたものをそのまま貼り付けてもOKですが、ワイヤーを刺しておくとベースとの絡みがよく、角度調整もしやすくなります。花材も傷めないので再利用も可能です。

100均DIY造花  アネモネとバラのリースの作り方 Flower arrangement of the artificial flower

100円ショップの造花のフラワーアレンジメント

ダイソーの造花でリースを作りました。
1000円ぐらいで出来上がりました
色め的にも豪華な感じです。
簡単にできますので作ってみて下さい😊
趣味 ハンドメイド 副業にも

アネモネの育て方 植え付けから開花まで

球根を植え付けてから約半年間の成長を追ってみました。大雪だった冬を越してきれいに花を咲かせてくれました。

アルストロメリアを工作する

【コピー用紙】アルストロメリア [Paper Flower] Alstromeria (Peruvian lily)

コピー用紙で、実物の花を見ながら作ってみました。

花 7.5×7.5cm(2枚)、1×4cm
茎 5×10cm〜
葉 4×10cm

アルストロメリアの育て方(別名:ユリズイセン)カインズ花図鑑

アルストロメリア(ユリズイセン)の育て方をお伝えします。
0:00 アルストロメリアについて
0:30 場所の選び方
0:50 水やりの仕方
1:25 肥料のやり方
1:42 栽培のポイント

【透明水彩画】アルストロメリアの小さな絵

画紙:ホワイトワトソン サイズ:0F(ゼロエフ)サイズ
絵具:ホルベイン

アルストロメリアを小さな絵にしてみました。

 

工作する時間がない方はこちらがおすすめ

届いたらそのまま飾れる花ブーケ【LIFULL FLOWER】

特徴

・季節のブーケや贈り物の定番のバラのブーケが2,980円(税込・全国配送料無料)~お求めいただけます。

・4月は母の日限定の商品も展開予定です。

母の日、誕生日、記念日などの大切な日、記念日、各種ライフイベントを彩るにふさわしいブーケをご用意。

・厳選した花農家の摘みたての花を仕入れ、鮮度を保ったまま発送します。

・すべてのギフト商品は花瓶いらずでそのまま飾ることができます。

・切花栄養剤やブーケ取扱説明書も同封。どなたでも長くお楽しみいただけます。

贈答でも!ご自宅用でも!花ブーケなら【LIFULL FLOWER】

 

 

 

 

 

コメント

  1. […] […]