【赤い羽根】簡単折り紙の作り方・折り方 10月・11月・12月 共同募金

赤い羽根共同募金

あなたは赤い羽根共同募金のことを知っていますか?

今日は、赤い羽根共同募金の意味や、歴史、折り紙や画用紙での工作作り方について書いていきます。

お子さんや、高齢者施設等レクリエーションで作るのもいいですね。

別に赤い羽根として使わなくても、羽根でお子さんと遊びのヒントにもなるのではないでしょうか。

「赤い羽根」を折り紙で簡単に作ることができます。

赤い羽根共同募金とは

赤い羽根は寄付したことを表す共同募金のシンボルとして幅広く使われています。赤い羽根には「助け合い」「思いやり」「幸せ」の意味が込められています。

運動の期間は、厚生労働大臣が定める10月1日から3月30一日までの6カ月間で、全国一斉に行われます。

赤い羽根共同募金 始まり

共同募金の始まりとして、第二次世界大戦後、1947(昭和22)年に「国民たすけあい運動」として始まりました。 「困ったときはお互いさま」の気持ちから、第1回目の共同募金運動ではおよそ6億円の寄付金が寄せられました。 現在の貨幣価値にすると、1,200億円に相当するといわれています。

赤い羽根共同募金 特徴

「赤い羽根共同募金」は、身近な地域の福祉活動を応援しています。 地域の一人暮らしの高齢者が集まる場を作ったり、地域の障がい者が働ける施設を運営したり、子どもたちが安心安全に地域で暮らす環境を整えたり、皆さんの身近な場所で寄付が役立てられることが特徴です。

赤い羽根共同募金 羽根がなぜ赤色なのか

共同募金のシンボル=「赤い羽根」を使うようになったのは、第2回目の運動からです。 「赤い羽根」は、寄付をしたことを表す「共同募金」のシンボルとして、幅広く使われています。 「赤い羽根」には「たすけあい」「思いやり」「しあわせ」の意味が込められています。

「赤い羽根」の画用紙や折り紙で簡単に作ることができます。

お子さんや、高齢者施設等レクリエーションで着くでもいいですね。

別に赤い羽根として使わなくても、羽根でお子さんと遊びのヒントにもなるのではないでしょうか。

あなたならこの赤い羽根を作ってどんなことに使いますか。

 

 

 

あなたの作った動画を、当ブログで紹介させてください。

ブログに合った動画であれば、無料で投稿させていただきます。

希望される方。お気軽にお問い合わせください。

 

ともあれ、

新しくブログを開設しました。

高齢者にやさしい施設向けの食事、献立などを提案しています。もちろん個人でも参考になります。

グループホームで働き始めたけど、

  • 「いったいどういう料理を作ればいいのか?」
  • 「どうやって作ればいいのか?」

と、お困りの方。助けになります。

【施設料理】グループホームの食事 高齢者に食べてもらえる献立ブログ

赤い羽根共同募金
しげゆきをフォローする
介護士しげゆきブログ

コメント