しりとりの進化版と数字ゲームで介護レク認知症予防

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

今回紹介するのは、「しりとり」

それに、ちょっとルールを足して、難易度アップ。

このしりとりでは、途中や最後に、決まった文字を設けます。

例えば、

途中で、「さくら」という単語を設けて、

その「さくら」をつなげないといけないルールです。

「こま」⇒「まり」⇒「りんご」⇒「ごりら」⇒「らくだ」⇒「だんさ(段差)」⇒「さくら」⇒「らっぱ」

なんとか「さくら」につなげようと、頭をひねります。

そうやって、考える力を引き出します。

考えて脳を使えば、認知症予防・進行を防げます。

数を数えるゲームで、脳を活性化

このゲームは、数字をランダムにいくつも書いて、

1番多い数字、少ない数字を当てるゲームです。

例えば、

ランダム(バラバラ)に、「1」「1」「1」「1」「2」「2」「2」「2」「2」「3」「3」「3」「4」「4」「4」「4」「5」「5」「5」「5」

1番多い数字は「2」 少ない数字は「3」

という事になります。

もちろんバラバラに数字が書いてあるので、

ひとつひとつ数えなければわかりません。

数字を探したり、数えたり、認識したりで脳を活性化して、

認知症予防になります。

詳しくは動画をご覧ください。

まとめ

しりとりでは、利用者さんに答えてもらえばいいので、

あなたは、答えた文字をホワイトボードに書いていけばいいだけですね。

なかなかうまくいかなかったら、答えを促してもいいですね。

難易度上がりますので、

この際、同じ答えを言ってもいいルールにしてもいいかもです。

たまたま早くクリアしてしまっても、

単語を変えて何回でもできますよ。

数字探しは、始まってモタモタ数字書くより。

事前に作っておけばすぐできますね。

ひとつひとつ数字を数えて、

その数えた数を、憶えていなければいけない。

脳トレにはうってつけですね。

やってみた

うちのグルホでしりとりやってみました。

しかし、狙ってつなげるというより、

たまたまつながったという感じですね(笑)

なので、2回途中の文字を変えて、やってみました。

ぜひあなたの現場でも試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする