こんな利用法がある ラップの芯を使った体操でレクリエーション

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

今回は、長めの棒(ラップの芯)、1本で出来る、

簡単レクとストレッチのご紹介です。

用意するもの

  • ラップの芯(長めが好ましい)

だけでいいです。

やり方は簡単、

ラップの芯を、右手から左手へ、左手から右手へと、

テンポよく持ち替えていくだけです。

しかし、ただ単に持ち替えるだけでは、つまらないですよね。

なので、少しずつ難易度を上げていきます。

あとはラップを使った簡単な、ストレッチもご紹介しています。

詳しくは、動画をご覧ください。

!!体操のお問い合わせはこちらから!! https://goo.gl/uEW5GV (2営業日以内にお返事をさせていただきます)

左右に持ち替える

ポイント

  • 棒になれるため 左右で棒を持ち替える
  • ゆっくりから徐々に速くしていく

棒を投げて取る

ポイント 

  • 片手に持った棒を、山を描くように投げ、反対の手で取ります
  • 棒を受け取る間に、手をたたく
  • 作戦を立てられるよう、声掛けしましょう

ストレッチ

後半はラップの芯を使った、ストレッチをしていきます。
 

このレクを行う時の注意点は、

間隔を十分にとって、行ってください。

ラップの芯を、何度も落とすことになるでしょうから、

サポートが必要な方の近くに、介護者がいた方がいいです。

各個人の能力に合わせて、難易度はとどめておいた方がいいでしょう。

ぜひあなたの現場でも試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする