紙コップを使った簡単 手作り風鈴の作り方

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

昔は魔除け・邪気払いに「風鈴」を使っていた。

風鈴といえば、昔からの夏の風物詩。

この音を聞くと、「日本の夏」のイメージがありますよね。

でも実は、風鈴は元々日本古来のもじゃないんです。

はるか昔、中国から日本にわたってきたものなんです。

そのはるか昔の中国では、風鈴を占いで使っていました。

音のなり方や、風向きなどで占っていたんですね。

そして日本に伝わって、

用途が変わり、魔除け・邪気払いとして、

お寺の軒先につるすようになったんだとか。

なぜ魔除け・邪気払いとして使うようになったのか。

そのころの日本は、

強風が病をもたらすとされていたので、

風が吹いてきたとしても、風鈴を軒先につるすことで、

風鈴の音色が、「病を追い払ってくれる」

と、考えられていました。

こうした背景があって、時代が流れ、

音色も楽しむ文化となっていったのですね。

(話のネタにでもどうぞ。)

紙コップを使った簡単に作れる『風鈴』

素材は紙ですので、高齢者でも、

安心・安全ですね。

詳しい作り方は動画をご覧ください。

この動画では、保育園幼稚園の、夏の製作(7月~8月)にピッタリの製作アイデア、 紙コップと鈴のくるくる回る風鈴を紹介します。 http://childcare-information.net/2016/06/09/7gatuseisakuaidea/ 紙コップとシール、たこ紐、鈴だけで出来てとても簡単。 しかも音がなる吊るし飾りです。 参考にどうぞ!

用意するもの

  • 紙コップ
  • タコ糸
  • 画用紙
  • ハサミ

もう夏本番。

レクリエーションで、皆さんで作ってみてはいかがでしょうか。

涼しげな音で、涼を楽しんでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする