お手玉とラップの芯を使った簡単グラグラゲームでレクリエーション

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

お手玉で出来る、ちょい工夫でドキドキゲーム

どこの介護施設には、あるであろう「お手玉」

そのお手玉を使って、ハラハラドキドキ。

【グラグラゲーム】の紹介です。

用意する物

    • お手玉
    • ラップの芯
    • プラスチックトレー

プラスチックトレーは、小さなお盆みたいなやつでいいですよ。

ラップの芯は、捨てずにとっておきましょう。

捨てるはずのゴミが、大活躍します。

取れたお手玉の数が、そのまま得点になります。

動画で説明していましたが、ラップの芯を増やせば、

難易度が変わりますよ。

こういったハラハラドキドキゲームは、

盛り上がる事間違いなしです!

やってみた

私の働いているグルホでもやってみました。

短めのラップの芯でやってみましたが、

それでも、最初のセッティングで、

安定しておくのは、ちょっとコツがいりました。

ひとりずつ目の前に、ドンっとおいて、

どれだけとれるかで遊んでみました。

お手玉たくさんあったので、モリモリ積んでやりました。

出来る人だと、結構ヒョイヒョイ取れちゃいます。

お手玉の数が減ってくると、途端にグラグラしてくるようです。

見てる方も、「おー倒れるー!」とか「あぶなーい」とか、

盛り上がりましたよ。

私も自然と声が出ちゃいました(笑)

ぜひあなたの現場でも試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする