紙コップでトントン相撲を楽しんで認知症予防

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

あなたは小さいころ、紙で小さなお相撲さんを作って、

トントン相撲を遊んだことありませんか?

そのトントン相撲を、紙コップを使って作ります。

用意するもの

  • 紙コップ
  • ハサミ
  • 紙製の何かの箱のフタ(土俵になる)

遊び方

両サイドに、2本の切り込みを入れて、

力士の手を作ります。

何かの蓋に、土俵を書いておき、

後は、対戦方式で2体置いて、決着がつくまで、

「トントントントントントントン」

と、土俵をたたきます。

(説明はいらないと思いますが。でも若い人は見たことも、やったことないのかも…。)

詳しくは動画をご覧ください。

工夫をすると、

  • 土俵を大きめに設定する(勝敗に時間かかる)
  • 力士を自由に魔改造できる(下を斜めに切って、猪突猛進型とか。)
  • 総当たり戦、トーナメント戦

色々楽しめます。

ぜひあなたの現場でも試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする