回想法とは?高齢者認知症を予防する効果・基本テクニック

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

【認知症予防】心理療法「回想法」解説と効果

人は高齢になり、死が近づくにつれ、

過去を回想する頻度が高まってきます。

これは、その人が歩んできた人生を振り返って、

整理して、その意味を模索しようとする、

人間的に、ごく自然な過程であるそうです。

こうした高齢者の、過去の回想に、

専門家、もしくは家族、介護士など、聞く耳をもって、

意図的に介入して、支持する技法を『回想法』といいます。

まあようするに、「高齢者の昔の話を、

親身になって聞くことですね。」

何か変に構えてしまって、高齢者と、

上手にしゃべることができなくて、

苦手意識持っていませんか?

高齢者の昔の話を、引き出して会話の糸口を見つけたら、

後は、スイスイ話ができてしまっていることがあります。

そんな『回想法』について、詳しい効果や、解説、

基本的なテクニックなど、ご紹介します。

『回想法の解説 認知症を予防する効果について』

「アピス ファミケア.jp 〜家庭介護を動画で応援〜 http://www.fami-care.jp 認知症は誰しもなり得る病気であり、症状の進行を遅らせることはできても、現在特効薬­は開発されておりません。 しかしながら、認知症の進行を遅らせることはできるのではないでしょうか。 今回は、脳を活性化させるための「回想法」の効果について、 心理カウ­ンセラーの大橋さんにご解説して頂きます。 <ご出演> 株式会社エクセリーベ 代表取締役 大橋 稔 さん ホームページ http://www.exceliebe.com/

回想法の解説

  • その方の一番思い出深いエピソードを、いかに話してもらえるか

回想法の効果

    • 脳の活性化に使がる
    • 見た目の変化も、大きく出てくる
    • 本当の意味で(話し相手を)理解できる

『回想法の基本のテクニック』

「アピス ファミケア.jp 〜家庭介護を動画で応援〜 http://www.fami-care.jp 最近の介護でよく耳にする回想法。「回想法とは?」やその効果について前回の動画(https://www.youtube.com/watch?v=x9wc5… 今回は、実際にどのように通常の会話で活用するのか、どういう話題が適しているかなどを、カウンセラーの大橋さんにご解説いただきます。 <ご出演> 株式会社エクセリーベ 代表取締役 大橋 稔 さん

基本のテクニック

  • 短い質問をすることを、心がける
  • 声が低いほど、高齢者は聞き取りやすい
  • 目線を相手に合わせる(相手を尊重する)

話す内容について

  • (家族以外の場合)名前で呼ぶ 女性の場合は、下の名前で呼ばれる経験が少ない

話の聞き方について

  • 認めて否定せずに、受け止めてあげる(ご本人にとっては事実 否定ではなく話を膨らませてあげる)

質問する内容について

  • 小さい頃の話
  • 生まれ故郷の話
  • 兄弟の話
  • 輝いていたころの話

動画を見ていたいて、どうでしょうか?

今すぐ、高齢者と話をしたくなりませんでしたか?

ぜひ参考にしてみてください。

以上です。

ぜひあなたの現場でも試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする