壁面飾りに【8月の花】ひまわりの『リース』折り方・作り方

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

オシャレに季節感が出せる『リース』

リースを飾れば、部屋の中をオシャレに変身

部屋の壁を、オシャレに演出しようと思ったら、

やっぱり『リース』ですよね。

リースは花や枝などの、植物を輪っかにして作る飾りです。

元々は幸福や、豊穣を願う意味があり、

魔除けとして作られていたそうですよ。

現代では、ハロウィンやクリスマスなどの、

飾り付けなどに活躍しています。

季節感を演出するのに、とても有効的です。

とてもオシャレで、目を引きますよね。

そんなオシャレなリースを、折り紙で作れてしまいます。

『ひまわりのリース』の作り方『花の部分』『若葉の部分』

折り紙を使った、ひまわりのリースを、

花の部分と若葉の部分の、

二部構成で、ご紹介します。

ひまわりのリース花の部分

折り紙のひまわりの花のリースの折り方、作り方の紹介をします。 ひまわりの花のリース夏の飾りに使えます。 リースは若葉のリースを使います。  ▼niceno1折り紙サイト 折り紙の簡単な折り方 http://origami1.net/ 

動画のコメント欄には、とても分かりやすいとの、

コメントがある通り。

完成形はとても難しそうですけど、

簡単とまでは言えませんが、何とか作れそうです。

ひまわりのリース若葉の部分

こちらの若葉も、とても分かりやすく、

簡単に作れるのではないでしょうか。

まとめ

以上です。

完成形はとても、可愛く立体的で、

部屋に飾っていたら、とても華やかでいいと思います。

花の部分さえ作っておけば、

若葉の部分は簡単に適当に、アレンジして作っちゃっても、

それなりに、見栄え良くできるような感じですね。

例えば、輪っかに切った段ボールに、

緑の折り紙使って、葉っぱのイメージのものを作って、

貼って、それに花の部分を張り付ければ、

ダンボールなので、丈夫にできていいかもしれませんね。

少人数の現場では、1日では作れそうにないので、

何日か分けて作ってみてもいいと思います。

(私の働いている所はグルホです。とても1日2日では作れそうにありません。)

ぜひあなたの現場でも試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする