割りばしを使った遊び 棒倒しゲームでレクリエーション

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

割りばしを使った、棒倒しゲームの紹介です。

材料は、簡単に集めることがでるので、手軽に行うことができます。

用意するもの

  • 割りばし
  • テープの芯

楽しみ方

2本に割った割りばしを数本、テープの芯に通して広げます。

それを一本一本、抜いていきます。

指には脳につながる神経が多く、指を動かせばそれだけ、

脳が活発になるそうです。

バランスを考えて、崩れないよう慎重に割りばしを抜いていく。

繊細な指の動きと、考える力で認知症予防になります。

詳しくは動画をご覧ください。

順番に回して、1本ずつ抜いていくのもいいですし、

ひとりで何本抜けるかで、競ってもいいですね。

きちんとバランスを考えてやっていけば、残り3本まではいけます。

最初のセッティングをやっておけば、

あとは利用者さんに、割りばしを抜いてもらうだけで、

こういったハラハラ系は、周りが結構勝手に、盛り上がってくれます(笑)

ぜひあなたの現場でも試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする