スペアリブも時短で超簡単!独自“コンテナごはん”冷凍保存で食べるときにレンチン調理『ANN』

テレビでも取り上げられ、

話題沸騰中の「冷凍コンテナごはん」。

保存容器に食材や調味料を入れて冷凍し、

食べるときは電子レンジで加熱するだけの方法が、

手軽で便利と主婦や子育てママの間で、

反響を呼んでいます。

ANNではスペアリブと、ロールレタスを紹介していました。

【動画で確認】スペアリブも時短で超簡単!独自“コンテナごはん”【あらいーな】

■時間もかからない!「スペアリブ」

1品目は、

作るのが難しい印象のある「スペアリブ」です。

味の決め手となるのは、

漬け込みなのですが、

味が入り過ぎると辛くなり、

少ないと薄くなってしまいます。

スペアリブの調理方法は、

煮込んだり焼いたりと色々ありますが、

どれも時間や手間がかかって難しいです。

そんな難しくて手間のかかる料理も、

コンテナごはんなら心配いりません。

用意するのは、

骨付き豚肉のほか、

漬けだれにしょうゆやみそなど調味料が含まれている焼き肉のたれをベースに使います。

まず、

野菜から切っていきます。

臭み消しの長ネギと、

彩りにパプリカを切ります。

続いて、主役の肉です。

フォークで肉を刺していきます。これにより、味が染みやすく柔らかくなります。

肉を入れたら、

焼き肉のたれ、

ハチミツ、

ニンニクなどを混ぜ合わせた漬けだれをかければ、

出来上がりです。

気になるのは、

味の加減を左右する漬け込み具合。

冷凍するまでの間にたれが染み込み、

冷凍が始まると、

そこから先は味が染み込まなくなるため、

ちょうど良い漬け込みになるといいます。

さらに、

冷凍しておけば、

ベストな味付けで1カ月間保存できます。

そして、食べたい時に、電子レンジで10分加熱します。

表面は焼いたような香ばしさがあります。中はトロッとするぐらい柔らかいです。

■煮崩れも心配無用!「ロールレタス」

2品目は、きれいに作るのは至難の業な「ロールレタス」です。

今回は、レタスを使用します。

キャベツは固いため、

一度柔らかくする必要があり、

手間がかかります。

しかし、

レタスはそのままでOKだといいます。

具材には、

合いびき肉、

タマネギなど一般的なものを用意します。

まず、

タマネギをみじん切りにし、

合いびき肉に塩コショウを加えてよく練り、

肉ダネを作ります。

それを、

2つに分けて俵形にしたらレタスで包みます。

包み方も簡単です。

肉ダネをレタスに置いたら、

手前と左右を順に折り、

包むだけです。

そこに、水と洋風スープのもとを入れたら、

冷凍庫に入れます。

しっかり凍らせて味が染み込んだら、

電子レンジで8分加熱して頂きます。

良い感じに出来上がりました。

煮崩れもしていません。

レタスの甘味とひき肉のうまみがしっかりと中まで染み込んでいて、

本当においしいです。

[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする